« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

感想(5/30)

*シュガシュガルーン
 ショコラとピエールが幼なじみだったとは。今が大事って、ショコラらしい前向きさが良いです。ワッフルは突然魔女の自覚に目覚めて退場。突然すぎて目が点(・。・)。

*ふしぎ星のふたご姫Gyu
 先生が可愛すぎる。小さいけれど頑張る姿が素晴らしい。

*アニメTV
 アニカラでキューティハニーが1位になったのは、プリンセス・プリンセス効果?(爆)

*西の善き魔女
 リイズ公爵がルーを手篭めにしようとするシーンは、TVアニメの限界に挑戦か?と思いましたが、未遂で残念(爆)。なんか変な人物が暗躍しているようですが、便利キャラを作ってしまうのは話を薄くしてしまうのであまり好きではないです。アデイルのお兄さまへの思いは複雑そうですね。ユーシスは単純な人なので一生理解してくれそうに無さそうですが。

*名探偵コナン
 こちらでも大谷さん復帰\(^o^)/。ヤイバーの本編&曲挿入は初めてでは?中の人にサインをもらって喜ぶ歩美ちゃん、擦れているのか無邪気なのか微妙。ま、可愛いから良いのですが。でも、トリックはイマイチ。車調べられたらすぐばれるネタなんてトリックじゃないでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

すたちゃまにあ等

 「味楽る!ミミカ」何故か1話の再放映。今後4週間は再放映かしら?残念無念。

 昨日アキバに行ったけど、ひぐらし,秘密ドールズ,ハレ晴レユカイ,まじぽかEDが買えずじまい。amazonでハレ晴レユカイはすぐ買えたけど、残りは1ヶ月以上待ち。

*すたちゃまにあ
 楽しかったです。1時間以上押しなので帰りは遅くなってしまいましたが、その分ボリューム満点でした。ライブパートは周りがノリノリで、それに合わせるだけでも疲れましたが^_^;。印象を箇条書き(Aice5目当てで行ったので偏ってますが^_^;)。
 ・ほっちゃんはS(驚き無し)。長谷川静香もS(結構驚き)。静香はほっちゃんレベルに部屋の掃除をしない。静香を見る目が変わってしまいました。
 ・ほっちゃん何故か17歳。長谷川静香と同い年。
 ・ほっちゃん何故かクルクル回る。で、何か客席の皆と掛け合いしてました。後でネットで調べたら、『ほっちゃん可愛い~』→『皆の方が可愛いよ』→『ほっちゃんには適わな~い』と言っていたらしい。
 ・中田あすみ,背高い。
 ・ますみん,ほっちゃんが毒舌を連発。可愛そうなカンチたち。
 ・「友情物語」,歌う方は息継ぎ大変そうでした。Aice5の曲はどれもライブ栄えする曲なので、皆ノリノリ。

*プリンセス・プリンセス
 何も知らない第三者が普通に見たら、姫制度は異常。でも、伝統として長い間続いてきたのには理由がある。伝統の表面的な部分だけ見て不合理と決めつけないで、その伝統がなぜ今まで続いているかの本質を見極める必要がある。

*4コマ漫画
 http://www.zato.jp/newpage/frametop.html
 偶然見つけたけど結構面白かったです。ネタは微妙ですが。

*仮面のメイドガイ3巻
 ようやく買いました。近所には売ってなかったけどアキバのとらのあなでは平積みでした^_^)。前巻に登場した高慢金髪13歳お嬢様再登場。それだけでも素晴らしいのに、おねしょぐせという最高オプションまで会得してました。まさに今世紀最大の萌えキャラです。こんな萌えキャラを出してくるとは、メイドガイ恐るべし。しかも、マッパ、白スク水。まさに、「神様ありがとう~」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

感想(5/27)

 少々忙しく、水曜以降のアニメがほとんど観れていないです。土曜も出勤でしたし。
 日曜はすたちゃまにあに行くので、生Aice5を見るのが楽しみです。

*桜蘭高校ホスト部
 ハルヒの水着は妄想のみかい。まあ、あるだけでもうれしいですが。無防備さがハルヒの魅力でもあったのですが、確かに女としてそれはマズイですね。ハルヒの成長もこの作品のテーマに含まれるようで、なるほど少女漫画原作作品ですね。

*MAJOR
 あっというまに1年経過ですか。アニメは便利だ。清水さんの出番があったのが救いです。寿也の吾郎への思いは危ない方向に向かっています。静香監督は結婚しているんでしょうかね。地があんなだし兄への想いを引きずっているので、してないっぽいですが。相変わらず吾郎は自信満々だけど、はったりもあるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

感想(5/23)

*ハルヒ
 本当に死んでいるか誰も確認してなかったんかい。なんちゅーミスリード。ハルヒがブラのホックを外そうとして結局外さなかったシーンは、キョンを意識してきている事を上手く暗喩していて良かったです。妹ちゃん、私もあんな風に持ち上げたい。

*ストロベリーパニック
 渚砂モテモテ話。傘に合わせて定番カップルを上手く表現していて素晴らしい。最後は籠女×渚砂の新カップル誕生に拍手。この作品もキャラが分かってきて段々と面白く感じられてきています。夜々×光莉は、千歌音×姫子を彷彿とさせられます。

*capeta
 二人なら勝てるって、友情は素晴らしい。でも、ここまでお互いに入れこむことが出来るって普通じゃない(一歩間違えればホモ?)が、だからこそ素晴らしいとも言えます。茂波、アイドルデビュー?キラリよりはまともなアイドルになりそうですが^_^)。本編に影響与えずに話膨らますには桃太郎は便利なキャラということですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

感想(5/21)

TVアニメはようやく追いつきました。

*NANA
 ようやく1話の続き。過去の話より面白い。両方のナナが世間知らずで、今後のドタバタ騒動を予感させられて、今後に期待が持てます。

*ウイッチブレイド
 先週:私も梨穂子ちゃんと友達になって美味しい料理をごちになりたいです。
 今週:栞の狂いっぷりがぞくぞくするほど素敵でした。ちょーさん、実は凄い人?

*シュガシュガルーン
 ワッフルの常識の無さは、無邪気で許せるレベルを超えています。彼女を許せるショコラの度量の広さを表現しようとしていると思いますが、甘やかすのはワッフルのためにならないと思う。

*ふたご姫Gyu
 ティオの出番はアレだけかい。でも、ミルロに比べれば、出番があるだけマシか。

*ツバサクロニクル
 わざわざこんな胸糞悪い後日談なんてやらない方が良いと思いました。

*女子高生
 Aパート、エロバカで良し。食い込みやブラ取れは予想できたが、水が入っていくまでは予想外というかHを超えたレベルなので流石だ。水出しって、絶対余計なものまで出してそうでそそる(爆)。イケメン教師は嫌うほどダメじゃないと思う。よほど男に幻想を持っているんですね。姫路と小川の仲は普通じゃないけど、百合でもない。あえて言うなら義姉妹(母娘?)。

*夢使い
 最初、教師と生徒を気にしているのかと思いきや、実の兄妹でしたか。禁断の恋は好きなネタですが、この作品でやられると、ほかの話のようにありがちな展開とオチにしか見えずイマイチ。

*西の善き魔女
 アデイルは見た目の可愛らしさに反して何か深いものを秘めてそうですね。

*デジモンセイバーズ
 大は結構しっかりとしたお兄ちゃんらしい事を言って意外。

*ソルティレディオ
 女性声優4人で舐めるって、一体何でしょう。7400円は絶対使っちゃうと思うので、ますみんの逆襲が怖い^_^)。

*てけてけマイハート(ドラマCD)
 ある程度原作を膨らましている部分はありますが、原作を超えるほどにはなっていません。原作ファンで川上とも子ののぞみに違和感を感じなければ楽しめるのではないかと(私は楽しめました)。曲に関してはノーコメント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

感想(5/20)

*蟲師 21話
 今回はなるべく蟲を殺さないギンコの主義があだになりました。腹刺されるし。でも、貴重な蟲をサンプル採取できたから結果オーライかしら。しばらくうるさそうですが^_^)。

*砂沙美魔法少女クラブ
 魔法の国ってどこかの田舎みたい。まるでみんなで田舎に遊びに行ったかのような話でした。今回はあまり魔法少女は関係なかった感じ。線路が宙に浮かんでいて、まるで銀河鉄道みたいと思ったのは私だけではないはず。砂沙美ちゃんが泣きながら「パパなんて・・・大好き」と言うシーンは最高でした。ここから砂沙美ちゃんがドアを開けるまで、ゴロゴロ身悶えしながら観てしまいました。この展開こそベタだけど、最高の父娘愛です。

*デモンベイン
 ロボットものと聞いていたのであまり期待してなかったのですが、1話はギャグが面白かったです。ロボットも最後しか出てこなかったし。魔導書が女の子であざとさを感じましたが、ミニ化してポイントUP。しばらくは観るつもりです。

*彩雲国物語
 霄太師が黒幕とは驚き。ついこの間までのほのぼのとした雰囲気はどこへやら、怒涛の展開に驚くばかりです。劉輝と秀麗は仲睦まじく、末永く暮らしましたとさ、というラストを期待していたので、ここで秀麗が実家に帰るのは驚き。でも、劉輝が俺は諦めてないぞとばかりにキスしたのは男らしくて良かったです。

*メジャー
 2軍監督萌え。亡き兄を忘れられずにいるというシチュエーションが実にそそります。で、次兄はそんな妹(&父)の長兄への呪縛を解き放とうと吾郎に想いを託す。麗しき兄妹愛が素晴らしい。次兄はおかまっぽくてイマイチ頼りなさそうでしたが、吾郎に対して大人の貫禄を見せつけてくれたのは良かったです。吾郎はなまじっか優秀なので人の意見を聞かないですが、それを見越して策略で休憩する大切さを自ら納得させる大人の智恵は素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

感想(5/19)

 あさぎり夕は、まだ少女漫画も描いていたんですね。
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088478452/250-3869577-4026621

*「第8回アニメ感想率調査2006春[最終回] 結果発表」
 ↓新番組好感度調査の方も発表
 http://www33.ocn.ne.jp/~sakurahi/home/omoituki/kanso_ritsu0605n.html
 両ハルヒが1,2位なのは納得。ホスト部は、タイトルから女性向けと思い込んだ人が多かったようで。私もそう思い込んでいたので人のことは言えませんが、一応観ておいて良かったです。10位以内で私が観ているのは1~4,9位の5つ。実に平々凡々な傾向で、面白みの欠片も有りませんね。継続平均点の上位にミニ番組が2つ入っていますが、ミニ番組(特に番組内番組や帯番組)を継続して見ようとするには、普通の番組を見る以上のモチベーションが必要なのかも。あと、蛙男は見る人を選ぶカルトな作品と再認識。知り合いに絶賛する人がいて理解不能だったのですが、世間的には結構支持する人もいて、そういうものかと納得しました。

*かりん(最終回)
 吸血鬼たちが次々と簡単に倒されるから、どうせ死んでないんだろうと冷めた目で見てしまって、自分的に全然盛り上がれませんでした(実際死んでなかったし)。とりあえず、白鳥入浴シーンがあったのが一番の収穫でした。最後のかりん増血「いや~ん」を聞いて、アニメ化の一番の見所は、かりんの増血シーンの華々しさと矢作紗友里の「いや~ん」と言う甘ったるい叫びだったな~と思いました。

*ミミカ(金曜)
 菜々がなな色おにぎりを作るというのはしゃれですか。

*ホスト部(先週)
 雛ちゃん可愛かった~。お姫様扱いされて紅くなっている様は最高でした。 嗣郎くんと一緒にピアノが弾けて良かった良かった。でも、ギャグとはいえあのオチは酷いね。嗣郎くん、雛ちゃん泣かすようなら許さんぜよ。

*いぬかみっ(先週)
 NANAのすぐ後にこの作品を観ると作画のチープさに泣けてきます・・・。
 それはともかく、ともはね頑張るの話。最初の試練は啓太とのトイレ。ちっちゃくてもレディなので汚されたと嘆くともはねに、対象外だと無情に言い放つ啓太。なんて失礼なヤツなんでしょう。でも、ともはねの危機にちゃんと助けていたので今回は許してあげましょう。キャラCDはようこしか買ってませんでしたが、ともはねも購入決定。ついでになでしこ&せんだんも買いますか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000EBDDMW/qid=1148099801/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/250-3869577-4026621
 堀江由衣目当てで観てましたが、ようこの出番の少ない今回の話が一番面白かったという矛盾が悲しい。

*プリンセスプリンセス(先週)
 坂本一家紹介話。紹介の仕方がゲーム感覚で楽しく観れました。若作り母親には八神くんを思い出しました。両親ラブラブだし。坂本一家の話は別漫画だそうですが読みたくなってしまいました。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4403615902/qid=1148100682/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-3869577-4026621

*きらりんレボリューション(先週)
 動機は不純でも、頑張る事に意味がある。今回はきらりの性格が良い方向に働いてきれいに話がまとまって良かったです。

*新ジャンル「ツンドロ」
 http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-1421.html
 その実態は「渡辺さん」(爆)。私は声:後藤邑子で読みました(ツンの方は堀江由衣)。

*神様家族
 普段は観れないものは仕方が無いとして無いものとして諦めますが、この作品の1話は観れないのが非常に悔しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

感想(5/18)&感想率調査について

 大谷育江さんが現場復帰したそうです。無事復帰されて何よりでした。
 今日のポケモンから復帰らしい。ナナコの声が大谷さんでした。

*第8回アニメ感想率調査2006春[最終回] 結果発表 その1
 下でリンクしたら補足されたので、少々コメントしてみます。
 感想率は、ハルヒがぶっちぎり。確かに突っ込みしやすく感想が書きやすい作品ですからね。FATEが3位は少々意外。あまり人気が無さそうですのに、結構皆継続して見ているのですね。私はとっくに切ってますが^_^;。
 終了番組は、マイメロ1位は意外。確かに結構面白いとは思いますがトップとは。私は蟲師がトップだと予想してましたが(殿堂入りにいれましたし)、2位。20話打ち切りが悪影響を与えた様で。きれいに終わらせていたから私は気にしませんでしたが。10位以内で観てないのは「化け猫」「うえき」の2つ。これまでは半分くらいは観てない作品が入ってましたので、今回は意外と好成績。世間がようやく私に追いついてきたのですね(って、そんなわけは無くて偶々でしょうけど)。
 「ノエイン」は量子力学を評価している人が結構多くて意外。私は、ミクロの理屈をマクロに当てはめるのは無理有るな~とか、都合の良い点だけ取り挙げて解釈するのはどうよ、と思っていたので、この点はげんなりしていました。思考実験としてこういう事をするのは面白いとは思いますが、物語に組み込むようなネタじゃないと思いました。作品としては、ジュヴナイルとして面白かったですし、戦闘シーンの勢いのある作画は好きでしたので、評価は高いですが。
 「アリス輪舞曲」は思ったより評価低かったです。コメント読むと、私を含めて上3つは皆きらは好き。この作品を気に入る鍵はきらはちゃんだと認識しました。
 「かしまし」は思ったより評価高かったです。コメント読むと、ラブコメとして評価が高い様で。百合を期待して、全然はずむが女になった意味が無いじゃんと裏切られた思いを最後まで引きずったのは少数派の様で。「あのね商法」なんて言葉がいつのまにか出来てたんですね。
 「落語天女おゆい」は思ったより評価低かったです。作品としては悪くは無いと思いますが、タイトルから落語を期待したのにそれを裏切られたと思った人が多いようで。古典落語の背景を描いていたとコメントしている方がいまして、なるほどとは思いましたが、それが落語の面白さを伝える事にこのアニメは繋がらなかったのが敗因ですね。それに、言霊といったら普通は神道を想起しますよ。それを落語に結び付けるにはアニメ中の説明では動機不足だと私には思えました。

*ミミカ
 「定食おにぎり」は、普通に生姜焼き定食を食べた方が美味しいと思うという突っ込みはダメなんでしょうね。生姜焼きおにぎり単体は面白い発想で食べたいと思いましたが、他はちょっと。美味香の「なないろおにぎり」は確かに見た目可愛くて良いですね。多分クラスの皆があーでもないこーでもないと短い時間でアイデアを出し合って作ったんだろうと想像でき、王子一人の発想の「定食おにぎり」よりはクラスの出し物として良かったんではないかと。美味香のミスで一時はどうなるかと思いましたが、まさに災い転じて福となす、と良いお話でした。それはともかく、美味香の魔法は白いおにぎりに素早く食材を振りかけるものだとまず思ったのですが、皿ごと変えるとはやられた。でもそれって、「マジカル」じゅなくて「マジック」ですよ。まさに「なな色マジック」。

*まじかるぽか~ん
 犬化したりるに頬擦りするゆうま激萌え。
 ゆうまの変身シーンキター。むちゃくちゃな戦隊ロボットパロで大笑いでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感想(5/17)

 ↓終了番組評価結果が出たそうです。
 http://www2.pure.cc/~mikimomo/index.html
 私の評価は↓の通り。
 http://www2.pure.cc/~mikimomo/home/omoituki/0605/search.php?n=73

*砂沙美(先週)
 百合キター。ようやく5人揃ったけど、全然まとまりの無いメンバーだこと。

*名探偵コナン
 患者に会いに病院に行こうとしたら、途中で怪我して自分が病院のベッドになんて、ネタはお笑いですが話はシリアス。子供は熱中症になってなくて本当に良かった。真夏じゃなくてまだ5月だったのが救いでした。で、プレゼントは元気なお母さん。感動の再開は素晴らしかったです。少々季節はずれの節句ネタでしたが、母の日ネタという意味ではピッタリでした。

*涼宮ハルヒ
 長門実は凄い?という話。古泉のちゃんとした超能力は初めて見た気がします。ハルヒ作成のSOS団のロゴはちゃんと読めるのにあんな突っ込みするなんて、キョンはハルヒの気を引くためにわざとやっているようにしか見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

感想(5/14)

 ↓感想率調査、ぎりぎりで参加しました。
 http://www2.pure.cc/~mikimomo/index.html

*ひぐらしの鳴く頃に
 事件編→捜査編→解決編という流れではなく,事件編をいくつかやって解決編をやるらしいですね。まあ、ミステリーに疎い私には謎解きはさっぱりですが。死を意識して切れる主人公は、まあ気持ちは分からないでもないですが、女に当たるのはみっともないですね。

*女子高生
 先週見逃したら、いつのまにかしんどい話になっているようで。でも,Bパート冒頭の仮装で安心しました(爆)。

*西の善き魔女
 今度は宮廷権力闘争話ですか。こういう話は好きな方ですが、背景がイマイチ分からないのが難点。

*デジモンセイバーズ
 友人の妹とのデートフラグキター。しかし、トーマはむしろ母親とのデート気分。これだから男はマザコンだと女に蔑まれるのですよ。で、母親に気に入られようと完璧な準備を整えて誕生日エスコートをセッティングするが、お子様妹ちゃんは庶民的な遊びを楽しんでトーマの準備は空回り。最後まで空回りで自己嫌悪のトーマだが、真心は通じるというわけで妹ちゃんから感謝のキスが。なんて羨ましい、ぐぐぐ・・・。というわけで、今回の話は妹ちゃんの魅力満載話。

*マイメロくるくる
 母の日にちなんだ話。母子の気持ちがすれ違ってばかりで悲しいですね。

*SweetKiss解散
 http://www.kiss-project.com/contents/sweetkiss/
 「今日の5の2」で声を演じたSweetKissが解散。まだ1学期しか出ていないこの作品、2学期は出ないのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

感想(5/13)

*シュガシュガルーン
 ショコラの声は「松本」まりか。折角松本に行ったのにチェック不足で撮りそこなった。不覚。それはともかく、バニラから2つのハートが飛び出したようですが、そんな状態で大丈夫なのだろうか。

*それゆけ徹之進
 子供を102匹も産んでいて、しかも全部覚えているだけでも凄すぎ。流石海よりも深い母の愛。

*彩雲国物語
 あの父が実は殺し屋だったとは。なんという展開。もっとほのぼのとした宮廷ラブラブ話に終始すると思っていたのですが、お話はどんどんきな臭い方向に。ま、ドラマティックな話の方が世間的に受けるんでしょうね。

*メジャー
 監督は妹キャラだったのか。しかもお兄ちゃんラブ。萌え~(爆)。

*ツバサ
 今朝のBSで宣伝を見て、知世がCCさくらばりにさくらちゃん萌えでビデオを持っていて、でもキャラデザと声が違っていて違和感バリバリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

感想(5/11)

 今期はWハルヒが最萌えでしたが、キョンの妹が急上昇。バッグに収まってる姿は最高。

*西の善き魔女(4話)
 女子高編は結構面白いです。でも、なんとなく話をはしょっているように見えましたが。決闘シーンでは絶対運命黙示録が流れるかしら。でも5話を、TV東京では録画ミスしたのでBS朝日の放映を待つしかない・・・。

*シムーン
 事務的にキスされても何とも思いませんが,恥じらいながらキスされると萌えます。

*Capeta
 凄い熱い闘いに胸震えました。まさに命がけの闘いだわ。
 カペタ、勝負には負けたけど気合は全然負けてません。

*まじぽか
 先週のオチを投げっぱなしにしなかったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

アニメグランプリ

 「とよとよとよ」でぐぐったら、うちのサイトはヒットせずに↓がトップでヒットしました。
 http://www2.pure.cc/~mikimomo/home/omoituki/0605/hajimatteruyo!.html
 うちってアニメ感想系サイトだったんだ(驚)。
 最終回ですし、時間が取れれば参加したいですね。

 それはさておき,今月のアニメージュはアニメグランプリの結果発表。ガンダムSDがグランプリなのは予想通りですし,全部門制覇も最近では定番なのでやっぱりと言うしかないと。ちなみに私の投票結果は,

 作品:バジリスク/48位
 サブタイ:Air12話/15位
 男キャラ:ルージ/77位
 女キャラ:清水薫/圏外
 声優:堀江由衣/10位
 アニソン:夜鷹の夢/圏外

 春新番総チェックコーナー、よくこれだけちゃんと観てコメントできるな~、と思って読んでいったら、きらレボのコメントを読んで愕然。ほとんど内容に触れてないよ~。亀だけかよ(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中下車

 途中下車の際、自動改札を通れる時と通れない時がある。何か規則性があるのかとネットで調べたら↓。
 http://youknow.exblog.jp/3548808/
 どうやら規則性は無いようです(爆)。
 自動改札に入れて吸い込まれるのは最悪なので、有人改札を通るのが無難なんですね、やはり。
 ↓「原則的にはJR各社の自動改札機は途中下車に対応しています。」らしいですけど。  http://72.14.207.104/search?q=cache:ljdbF1PYcNMJ:hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1144858182/l50+%E9%80%94%E4%B8%AD%E4%B8%8B%E8%BB%8A+%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%94%B9%E6%9C%AD+2ch&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

 ↓あと,100km未満でも乗り継ぎのための待ち時間が長い場合には途中下車できるらしい。
 http://www.soumu.go.jp/hyouka/jr_syain.htm

 ↓あと,こんなページを見つけたり。
 http://twilight.zive.net/docs/unchin.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

感想(5/8)

 相変わらず一部を除いて1週間遅れですが,旅行中の土日の地上波録画が全滅なのである程度の余裕が。

*味楽るミミカ
 豆腐アイスは本当に美味しいのかしら。試したいけどウチの冷蔵庫には製氷室が無いから・・・。

*彩雲国物語
 秀麗はそういう想像をして実は喜んでいるのかも。悪意(謀)に対しての鈍感さや天才を受け止める程の懐の深さが彼女の持ち味ですね。彼女を助けかつ彼女に救われる周りの男たち。理想的な女性ハーレムストーリーだと思いました。

*名探偵コナン
 上戸彩登場。彼女の演技はまあ予想の範囲内。
 おばあちゃんの自殺は唐突でしたが、話としては悪くなかったと思います。
 園子が「女子高生探偵鈴木園子の推理に間違いないわ」と言う所の映像効果。これ使い回しではなくて今回が初めてですよね。上戸彩メインのはずなのに園子にもスポットライト当てるのに何か意味があるのかしら。予告では来週も園子が出てくるようですし。

*Soul Link(4話)
 エロゲー原作と知って、納得のいくキャラ配置とストーリー(フラグ)です。エロアニメならこのくらいの出来でも許せますが、通常アニメではつらいですね。アニメを観るくらいなら原作のゲームをやった方がマシだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行(5/6)

7:05名古屋発9:06松本着。特急の始発(しなの1号)で松本へ。目当ては美和で、梨香はおまけ(ウエPに出ていないから)。松本城は流石国宝で天守閣は結構な人込み。階段が急で昇るのは大変でした(階段が急なのは攻め難く守りやすいから)。一番上は見晴らしが良く、風が気持ち良かったです。GW中は太鼓門が公開されていたので、中を見る事が出来てラッキーでした。松本城は元深志城ですが、深志城時代の説明がほとんど無かったのは残念でした。

11:42松本発12:50今井着。12:55今井発13:05長野着。事前に時刻表で調べた時は1時間くらい駅で待つと思ったら、撮影してすぐに電車が来ました。しなの鉄道からJRに乗り入れる電車を見逃していた事が後で判明。ラッキーでした。長野で昼食。山菜蕎麦を食す。

13:45長野発13:57上田着。駅名表示が上にあって普通には届かない。仕方が無いので○谷さんにイスに乗ってもらいました。あと、おまけで「うえだかな」も撮影。その後上田城跡公園(上田城)を散策。真田神社を見つけ、真田さんキターと叫ぶ某氏。

16:30上田発17:31熊谷着。当初の予定では、熊谷で泊まって続きは翌日にするつもりでした。でも,明るいうちに野上に行けそうなのでその日のうちに行く事に。
17:42熊谷発18:28野上着。秩父鉄道電車内で、野上の他に樋口,永田を見つけて、樋口智恵子,永田亮子ができると言う他の二人。私は樋口は知ってましたが,永田は知らなかったです。というわけで,19:30には熊谷に戻れるはずが21:00着に。で、熊谷に泊まり翌日はアキバ経由でうた会へ。

旅行中は良い天気に恵まれ楽しかったです。第2弾も多分あります(爆)。

 

Dscf0017RikaDscf0021Yuka_1 YuujiKanaDscf0038Dscf0040 Dscf0041 Dscf0043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

旅行(5/5分)

ウチの会社の連休は5/4~7。5/4~5は実家に帰省,5/5~7は旅行,5/7はうた会。
今日は休みを取ったのですが,起きたのは昼過ぎ。さすがに疲れていたようです。

旅行は,↓のサイトの話を某K氏としたら,我々も行こうという話になって行ってきました。
http://yukarin.sakura.ne.jp/asami/18moon/

最初はFURIL'の4人にしようとしたのですが,それだけではなんなので,ウエディングピーチに出てきた声優もやろうということに。で,某K氏と○谷さんと一緒に旅行に行きました。

5/5朝8時に新横浜駅に集合。8:10新横浜発10:11京都着(新幹線)。10:25京都発12:26天橋立着(はしだて3号)。天橋立では例のポーズをすることなく,ちょうど観光遊覧船があるからとそれで宮津に戻る。宮津に着いたは良いが駅がどこか分からず適当に歩く事に。程無く看板が見つかり無事駅へ。そこで昼食。橋立うどんというのがあったのでそれを食す。うどんに揚げちくわがのっていました。

13:39宮津発,13:42宮村着(北近畿タンゴ鉄道)。宮村駅は無人駅で周りには何も無く閑散としていました。

14:25宮村発,15:10福知山着(北近畿タンゴ鉄道)。15:56福知山発,16:22石生着。そこからタクシーで氷上バス停へ。そこから少々歩くと氷上北(キタ)~(爆)。

17:13氷上発,17:22石生着。17:26石生発,19:19大阪着。19:43新大阪発,20:57名古屋着。名古屋で一泊。夕食はきしめん。

Dscf0002

Dscf0009

Dscf0010r

Dscf0014

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »