« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

感想(6/24)

忙しさにかまけて全然更新してませんでしたが、アニメは一応観ています。視聴数は減っていますが。なんとか衛星は追いついたけど、地上波は一部を除いて2週間の遅れ。改編までには追い着きたいけど、観る時間をなかなか取れないのが難点。

*風人物語
 同じ衛星アニメの絶対少年に近いものを感じますね。かみちゅにも近いものを感じますが、かみちゅスタッフほどは女学生に夢(あこがれ)を持ってないですね。

*パトレイバー
 先週までのごちゃごちゃした裏のありそうなしんどい話より、今週のような人情話の方が観ていて楽しいです。

*彩雲国物語
 着々と秀麗の国試合格に向けて話が進んでいて良い感じ。Capetaもそうですが、愚直な努力が実を結ぶ話は見ていて気持ちが良いです。ぶっちゃけ秀麗って何歳なんでしょうね。20代前半くらいかな~。

*まじぽか
 最終話ラストはハートフルすぎた感じ。視聴当初はお色気ギャグアニメと思っていたので、少々意外というかきれいにまとまりすぎてちょっと物足りない感じでした。

*メルヘブン
 舞台が日本に移ってから面白い。ウォーバトルばかりでは飽きるから、こういう話は良い感じ。気弱ドロシ-のギャップは素晴らしい。百合テイストで更にGood。

*アニ横ドラマCD2
 アニ横の世界は、西船に住むOLあみが見ている夢らしい(爆)。1であみ、2でイヨが歌っているので、3ではくーちゃんに歌って欲しいものです。

*いぬかみっキャラCD
 アニメ放映中に発売されるのは問題があるな~と思いました。原作ではキャラの性格(というか主人公への態度)が固まっているのでしょうが、アニメではまだ固まっていない状態で、原作準拠と思われるサブ話やキャラソンを入れられてもアニメしか知らない私には戸惑う点がありましたので。

*朝比奈ミクルの冒険
 TVで見た時は演出のチープさに笑わせてもらったが、キャラも分かっている今観ると、会話の中身や役者の性格を理解しつつ見る楽しみがあって、また別の観る楽しみを味あわせてもらって良かったです。次回予告はTVとは違うだろうな~と思っていたら案の定で長門ですか。CMのメイキングで初めて知りましたが、あの宇宙人は監督だったのか。

*ぼくのぴこ(18禁)
 http://www.galge.com/galge/nomember/sbp/topics/06/06/16c/index.html
 限りなく黒に近い灰色ですね。私はビデ倫は詳しくは知りませんが、少年ならOK?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

メモ

アニメ視聴は一部を除いて1~2週間遅れ。
メジャーは第2部終了で残念。12月が待ち遠しいです。
アニメージュを買いましたが、↓と同感。現状に追いついていないのに次を積極的にチェックする気にはならないです。
http://www.asahi-net.or.jp/~RG8S-SZK/hobby/NIKKI/2006/200606.html#2999_2

*風人物語
 http://www.windy-tales.com/
 今度の土曜よりBS2で放映開始(学園アリスの後番)。CS放映時に気にはなっていましたが、BS2で放映されるとはラッキーです。

*大魔法峠
 http://www.punie.jp/
 今度のアニメTV枠で放映。

*声優を決めるプロが考える工事現場の看板の声
 http://d.hatena.ne.jp/dangerous1192/20060604/p1
 トリビアは観てませんが偶然見つけました。ゴールデンは、こんな豪華な面子をこんなくだらないネタで呼べてうらやましいです。

*歴史
 http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tanimation&nid=64898
 素直に凄いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

感想(6/7)

*女子高生
 エロが全く無かったので正直物足りなかった。話自体はまあ面白かったですが。

*夢使い
 夢使いは人生相談所では無いというのを如実に示す話。死に直面して塔子が意識改革(成長)するという話に持っていくつもりなんでしょうかアニメスタッフは。ありきたりな1話解決話には既に飽きていたので、こういう路線変更は歓迎しますが、単純に成長ですとそれはそれでありきたりなので、変化球を期待したい所です。

*涼宮ハルヒの憂鬱
 http://gunp.jp/archives/2006/06/post_164.html
 ↑に同感とか,朝倉が途中からいなくなっていた理由が分かったとか,私も眼鏡ッ娘属性は無いから長門は眼鏡が無い方が良いとか,巨乳属性は無いが男が乳に目が行くのは性だよな~とか。

*シムーン
 取っ掛かりは悪かったですが、最近はようやく世界背景やキャラの個性が分かるようになってきて、それなりに面白くなってはきました。コールテンペストの面々が同じ部屋に住むようになって、キャラの個性の違いが分かりやすくなったのも理由のひとつだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

感想(6/3)

ちょっと仕事が忙しくなるとすぐアニメが溜まってしまう現状はなんとかしないと。土曜出勤して日曜に外出すると、週末のアニメ消化が滞る上に更に溜まるから。
テニスで潰れまくるデモンベインは切る事にして、シムーン、夢使いも切り時かな。
さて、日本沈没リメイクするんですね。福田麻由子は要チェックか。

*彩雲国物語(先週)
 秀麗は貧乳キャラでしたか。着痩せしているわけではなくて良かった良かった。秀麗は再び宮廷へ。なるほど、後宮ではなくて官僚として国政に携わっていくという話になるのか。

*MAJOR
 つれなくされ過ぎてぷっつんしちゃった寿也くんは、とうとう自分の吾郎への愛を自覚してしまいました。しかも全肯定しているし。吾郎が海堂を辞めると静香監督の出番が無くなるんでしょうね。寂しいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

感想(夢使い1巻)

*夢使い(漫画1巻)
 そのままではアニメ化できない内容と知り、興味が湧いたので買って読んでみました。アニメがあまりに平々凡々でつまらないのも理由の1つですが。で、読んでみて納得。というか、夢使いが出てくるだけで話はアニメとは全くの別物。漫画の方がはるかに自分好みで面白い。民俗学や人体破壊や倒錯性愛は興味のある分野ですし、主人公が少女なのも私好みです。なんとなく、漫画ブリッコを彷彿とさせられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »