« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

神奈川旅行

久しぶり(半月ぶり)の更新ですが、また旅行記です。なんかだんだん旅行サイトになりつつあるような気がします。
今回は先週の日曜に近場(神奈川県)を回りました。メンバーは、私&某K氏&○谷氏の三人。以下、簡単なレポです。

伊勢原駅に8:30集合。神奈中バスで川上へ。
Dscf0001_4 Dscf0005_3

バスで伊勢原駅に戻り、小田急で海老名へ。さらに相鉄で三ツ境へ。そこから神奈中バスで西村へ。
Dscf0010_1 Dscf0013_1

当初は再びバスで三ツ境に戻って相鉄で横浜へ行く予定でしたが、戻る途中で戸塚行きのバスに乗り換えたらショートカットできるのでは?という意見が出て(次の目的駅は逗子駅なので)、ただ戻るだけでは芸が無いしということになり、旭ヶ丘でバスを乗り換えて戸塚へ。途中国道1号に入る交差点で渋滞していたため、結局は10分遅れで逗子に到着することになりましたが。まあ、許容範囲内です。次に逗子から京急バスで最終目的地秋谷へ。実はバスのアナウンスで秋谷が「あきや」と読むと初めて知りました。
Dscf0019_1 Dscf0022_2 Dscf0025_1

今回はこれでミッション終了。後は横浜まで戻って打ち上げをして解散しました。今回の旅費は約3500円。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

中国四国旅行~その3

 まずは特急うずしお2号で徳島から高松へ。
Uzu Dscf0044

 高松では時間があったので、海水池を見たり、高松城址を(時間が早くて中は見られませんでしたが)外から見たりしました。
Dscf0047 Dscf0049_1 Dscf0052

 高松築港駅があったので、行ってみたら高松琴平電鉄の駅でした。路線図を見たら水田がありましたが、行くモチベーションが上がりませんでしたのでパスしました。
Dscf0054_1

 次に、いしづち5号で伊予北条へ。
Dscf0056_1 Dscf0058 Dscf0064

 そして堀江へ。
Dscf0065_2 Dscf0070_2 Yui Mituko

 あとは松山城を見てから、松山空港から羽田へ帰着。その間もいろいろありはしましたが、本筋とは関係ないので省略(松山城天守閣工事中で残念とか、帰りの飛行機がトラブルで遅れたとか)。
Dscf0077 Dscf0078 Dscf0079 Dscf0081 Dscf0085

 今回の旅費は約7万。ひとまず遠出の旅行は一段落。もう一度近場を行って声優旅行は切りを付ける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国四国旅行~その2

 阿波池田から徳島線でまずは小島へ。
Dscf0030_1 Ojima   

 予定ではここで次の列車を1時間半待つことにしてましたが、対向特急列車待ちで5分停車したので、その間に撮影できてラッキーでした。でも、乗客や車掌から見られて少々恥ずかしかったですが。
 次に2駅先の川田へ。
Dscf0039_2 Photo   

 予定ではここで次の列車を1時間待つことにしてましたが、今度は対向普通列車待ちで2分停車。その間に急いで撮影をして同じ列車に乗っていけました。2度もラッキーが続いてまさに神降臨でした。ただ、時間がなくてあまりきれいな写真が取れなかったのが残念でした。夜なので光量調整が難しかったので。
 予定より2時間半早い夜8時に徳島に着いたので、まともな店で夕食を取れて良かったです。
 続きはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月14日 (木)

ストロベリー・パニック 第24話「運命の輪」

 天音記憶喪失。そうですね、そういうパターンもありましたね。傷心の光莉ですが、千華留のおかげで立ち直ります。千華留は完全にお助けキャラになっています。これで下心が全く無いとしたらまさに天使のような人です。天音と光莉は心の底では繋がっているので、来週にも天音の記憶は戻りそうです。やはりエトワール選の最有力候補は揺るぎなさそう。
 六条生徒会長のエトワール選への入れ込みようは鬼気迫ります。何が彼女をそこまでさせるのか。伝統や母校愛だけではなさそうです。
 ダンスでは玉青が男役で渚砂が女役なのですね。なるほどエトワールは、宝塚で言えば男役トップと女役トップを決める戦いなのですね。とすると客観的に見て、玉青&渚砂は天音&光莉よりも劣ります。というか、男役トップは天音以外ありえないでしょう。とすると、今年のエトワールはスピカで、ミアトルは来年を視野に入れて玉青&渚砂を出させているとも解釈できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメドラマCD等

*よみがえる空 13話
 http://www.aii.co.jp/contents/sp_bv/bv0001_rw_sp.html
 未放映の13話が期間限定でタダで見れます。TVの雰囲気そのままで懐かしかったです。

*彩雲国物語ドラマCD
 最近発売された番外編ではなく、通常のを今頃聞きました。一巻はほとんどアニメの通りでしたが、二巻はある程度アニメとは違います。大筋はアニメの通りですが、アニメには出てこない少年山賊が出てくるのが大きな違いです。秀麗と燕青が黄奇人の屋敷に泊まるときに、既に黄尚書は仮面を外しますし。今度は小説を読もうと思います。

*魔法使いの娘ドラマCD
 魔法使いの娘なら魔法少女?と思って、買って聞いてみました。あと、原作者が那州雪絵でヒロインの声が桑島法子だったのも購入の一因です。実は魔法使いというのは陰陽師だったので、それは拡大解釈ではと思いましたが、父娘愛が満載の話だったので許します。父親の親バカぶりと娘のしっかりぶりが定番ではありますが良かったです。

*おどぎ銃士赤ずきんドラマCD
 赤ずきんたちがアイドルになるという、よくある定番話。お茶目なヘンゼルがポイントでしょう。ライブと言いながら赤ずきんたちがほとんど歌わないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

中国四国旅行~その1

 先週末は声優駅名巡り旅行、第4弾を行いました。今回は、四国・九州を1泊2日で回りました。メンバーは、私&某K氏の二人。以下、簡単なレポです。

 9/9朝4:50に家を出発。5:17平塚発の列車に乗車。横浜で下車してYCATへ。そう、また飛行機を使用するのです。7:25羽田発,8:40米子着。空港から出るとすぐに水木しげるロードまで6kmという標識を発見。寄って行きたい気持ちを振り切って、そこから歩いて中浜駅へ。境線で後藤へ。
Dscf0005_2 Goto_3

 境線は水木しげるとタイアップしていて、下記列車が運行され、オレンジカードが発売されているそうで。
Dscf0001_3 Dscf0020_2 Dscf0016_2

 後藤から境線で米子へ。そして特急やくも12号で岡山へ。生まれて初めて山陰に行ったのに、ほとんど観光をしないで山陽へ。岡山から山陽本線で三石へ。
Dscf0022_1 Mituisi

 撮影後岡山で買った駅弁を食べて、約1時間程時間をつぶして岡山へ戻る。そして特急南風17号で阿波池田へ。
 残りはまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

いぬかみっ! 23話「しぼむ象さんっ!」

 思ったより弱かった大妖孤に拍子抜け。赤道斎にあっさり力を奪われるとは。
 ようこが落ちてテントがぶっつぶれ。これでEDのテントもつぶれた映像になるんだろうな~と思ったら、予想通り。期待を裏切りません。
 啓太はとうとう赤ん坊の姿に。でも、知識は元のままのようで。この姿を利用して破廉恥を楽しむという話にはならないでしょうね、このシリアスな展開では。
 薫の秘密。ようやく来週明かされます。実は本体は寝ている方、というのはありきたり過ぎるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

ストロベリー・パニック 第23話「迷路」

 今回からタイトルを分かりやすくして、なるべく1記事1作品に絞ることにしました。
 当初はゆるゆるな女子高ラブラブ話がメインと侮っていたこの作品ですが、途中から怒涛の物語展開でいつの間にか毎週楽しみにしている作品になっています。
 さて、エトワール戦にミアトルから玉青ちゃんが出るのは順当。で、玉青ちゃんとしてはパートナーとして渚砂に出てほしいと本心では思っているでしょうが、静馬を吹っ切れていないから無理と彼女を慮って断ろうとするのはいじらしい。この作品一番の切ないキャラです、玉青ちゃんは。そんなのお構いになしに出馬要請する六条生徒会長は、今回は嫌なキャラになっています。荒療治というのは分かりますが、人間理屈だけでは図れないのです。
 渚砂を突き放す静馬の態度は上級生らしい大人~なものだと思いましたが、実は本心では納得していず大暴れ。静馬は実は心弱い少女であることは今までの話から描かれていたので、まあこの態度はさもありなんです。渚砂をめぐる話にもう一波乱あることを予感させます。
 渚砂をフォローしたのはル・リムの千華留生徒会長。先週の籠女といいル・リムキャラはおいしい所を取っていく割りにはいまいち目立ちませんね。ル・リムはエトワール戦出馬に消極的ですが、生徒会長のキャラ立ては最高なので十分エトワール候補なのに。
 落ち込んでもすぐに復活するのが渚砂らしい。けど、周りを慮って無理に復活しているとも見えます。この前復活したのに今回すぐ落ち込んでますからね。来週また落ち込むかもしれません。それを見て心痛める玉青ちゃん。それを見て心痛める私。まさにデススパイラル。
 光莉に向かって馬を駆る天音。やたら何度も鐙を映すから切れるのか?と思ったら、本当に切れちゃった。落馬は打ち所が悪いとアンソニーのように死んでしまいますから、来週どうなってますかね。何日も生死のふちをさまよった挙句、九死に一生を得たところで、実は光莉の方が主を失った馬に跳ねられて失明していたなんて大映ドラマのような展開も、今のこの作品ならありですから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プチ宮崎羽衣祭り

 今月から毎週水曜はノー残業デーとなりました。というのを今日会社で聞きました。というわけで、今日は定時で帰宅。このシワ寄せは残りの日にいくだろうけど、とりあえず今はブログの更新をしています(爆)。

 さて、D.C.S.S.を見ていた頃からアイシア(宮崎羽衣)は良いな~と思っていたのですが、初音島放送局SSを遅ればせながら聞いていて更に宮崎羽衣への思いが募り、CDが出ていると知って購入してしまいました。
 「Girl Meets Boy」http://www.amazon.co.jp/Girl-Meets-Boy/dp/B000BKJIUM/ref=pd_sim_gw_1/503-6587766-9074345?ie=UTF8
 「ココロドキドキ」http://www.amazon.co.jp/0b30b30ed0c90ad0c90ad/dp/B000EPFRD6/sr=8-1/qid=1157535435/ref=sr_1_1/503-6587766-9074345?ie=UTF8&s=gateway
 UPテンポな曲ばかりで、彼女の声に元気は映えるな~と、悦に入りながら聴いております。

 今秋新番組の「すもももももも」( http://www.tv-sumomo.com/index.html )&「Gift」( http://www.gift-er.com/index.html )にレギュラー出演だそうで、今から期待しております。沢山しゃべってくれると良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

24時間耐久アニソン1000曲メドレー

 http://anison1000.kt.fc2.com/
 ↑に行って来て体力を消耗してしまって、今何もやる気が起きないです。
 選曲に関しては、80年代特撮&ロボットアニメをメインとした定番のもので、王道ですがマンネリなので、好きな曲を歌うという点ではいつもの歌会よりは満足度は落ちます。しかし、同好の士とともに24時間閉鎖空間に監禁されて皆で大合唱するという、ある意味トリップできる快感はありますね。
 とりあえず、覚えている範囲でレビューしてみます。

<第一部>
・ドリフの大爆笑OP曲の替え歌がつかみでした。例えば冒頭が「ア、ア、アニメの大合唱」という風に。その後1時間半熱い曲を熱唱。一応テーマがありましたが、もう憶えていません・・・。
・次にライブ。皆ステージ前の空間集まって立って熱唱。ゲストはMarina del rayさん、諸岡ケンジさん、MIQさんの順でした。諸岡ケンジさんは、メタルジャックEDをライブで歌うのは2度目(1度目はCD発売記念イベント)とのことで貴重なものでした。MIQさんは独自のメドレーを歌われてラッキーでした。今は鳥取の事務所に所属していて、歌唱指導もしておりそちらがメインのようですが、そろそろ東京にも拠点を置いて活動したいともおっしゃっておりました。
・引き続いてテーマに沿って映像が流れました。途中から「魔」が付く作品特集になり、最初の方が魔人とか悪魔とかそういう方向性だったのが途中から魔法少女特集になり、司会者の趣味でおジャ魔女特集(全OP&一部挿入歌)があるのがご愛嬌でした。
・深夜ゲストで、昨年に引き続いて柴田秀勝さんが奥様である関根明子さんと一緒に登場。またブダイガーOPを生アフレコして頂きました。あと、突然山崎和佳奈さんが登場。柴田さんの店に来た所を拉致られてロフトまで連れて来られたとのこと。突然で心の準備ができておらずどぎまぎされていた様が可愛かったです。
・続くゲストは、ねこひろし、変身ポコイダー(なべやかん)、クラッシャーカズヨシ(酒井一圭)。ねこひろしって初めて見ましたが、正直ギャグはほとんどつまらなかったです。クラッシャーカズヨシは存在自体初めて知りましたが、テーマ曲はめちゃカッコ良かったです。更に曲を作曲されたNARASAKIさんもゲストとして来られてました。で、NARASAKIさんのベストアニソン3が紹介されたのですが、3位「オリンポスのポロン」2位「ふしぎなメルモ」で、1位は残念ながら忘れてしまいました。曲は3位から流れたのですが、いきなり冒頭の映像が流れてきたときには驚きました。よりによってこれかいと。
・深夜に気分リフレッシュでウルトラマンA体操とサンバルカン体操が流れました。
・そんなこんなで第一部終了。終了曲はうる星ED「宇宙は大ヘンだ!」

<第二部>
・つかみはタイムボカンOP。その後1時間半熱い曲を熱唱。休憩後作品タイトルが漢字のみの作品特集が流れました。途中までは良かったのですが、途中「鴉」「巌窟王」 「新釈 眞田十勇士」「蟲師」「風人物語」辺りがまとめて流れてきて、もっと歌いやすい作品が他にあるだろうと突っ込みたくなりました。予告されていた「獣王星」もココで流れました。予習したので歌えましたが、確かに皆で熱唱するような曲じゃないですね。そんなこんなで、仮面ライダー特集、東映戦隊特集、マシン特集があったりしながらラストへ。ラストの曲は「夢光年」でした。

<総評>
・ロフトはライブは良かったが、椅子で座って見ると画面から遠くて歌詞テロップが見づらい上に、映像装置が悪いのか画面がにじんでいて画質によってはほとんど見えない状態に。映像を見る点ではプラスワンの方が良かったです。
・体力の限界からか最後の方は少し寝ていました。来年も参加するかは微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »