« 新番感想3 | トップページ | 新番組総括 »

2007年1月14日 (日)

1/13&14アニメ感想

 先週はうた会でうちにいなかったので、今日はリアルタイムで世界名作劇場を観てから大河ドラマを観ました。この流れは久しぶりです。

*おとぎ銃士赤ずきん(28話)
 総集編みたいな話でした。

*ふしぎ星のふたご姫Gyu!(41話)
 先週の予告からピュピュの初恋の相手はエドちんと勘違いしていました。相手は立派な鳥でしたか。そりゃそうですね。

*京四郎と永遠の空(2話)
 鋼鉄天使を超えた絶対天使ですか。もはや科学を超えたファンタジーですね。絶対をそう連発されると、絶対の価値を低く感じてしまいます。絶対天使に対抗するには絶対天使しかないというのは道理です。そう、核武装に対抗するのにも核ぶ(以下略・・・)。
 それはさておき、千歌音と姫子キター。姿が同じで声も同じ。しかもキス\(^o^)/。

*神様家族(2話)
 チェリーボーイの初恋話。それに神様能力が絡んでどたばたギャグ調になっています。それなりに面白く感じるので、もうしばらく様子見。個人的に、主人公には幼馴染のてんこちゃんと結ばれて欲しいですね。あんな良い子はめったにいないよ。クラスの男子に人気というのは良く分かります。

*月面兎兵器ミーナ(1話)
 変身戦闘少女もの。ノリと毒とオタク知識の薄い「小麦ちゃん」というイメージ。切り。

*レ・ミゼラブル 少女コゼット(2話)
 あっという間に3年経過ですか。でも、その割にはコゼットら女の子が成長していない。男の子は成長しているのに。個人的にはその方がうれしいですが(爆)。

|

« 新番感想3 | トップページ | 新番組総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170660/13495428

この記事へのトラックバック一覧です: 1/13&14アニメ感想:

» 貫地谷しほり、大河ドラマ「風林火山」の掘り出し物! [今日の気になるニュース@総合]
07年のNHK大河ドラマ「風林火山」でが注目を集めている貫地谷しほり。 初回視聴率は関東地区で21.0%を記録し、まずまずのスタートを切った、07年のNHK大河ドラマ「風林火山」で「貫地谷しほり」が注目を集めているようです。詳しくは続きをどうぞ! [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 04:33

« 新番感想3 | トップページ | 新番組総括 »