« アニメ感想 | トップページ | マリー・アントワネット(映画)感想 »

2007年3月 4日 (日)

漫画の感想等

 ↓『地球へ…』がTVアニメ化だそうで。これは観るしかありません。
http://www.famitsu.com/anime/news/2007/02/28/681,1172673920,67825,0,0.html

*ドージンワーク 1,2巻
 一般人女性の主人公が金もうけのために同人誌を作る話。そして同人誌が売れる喜び(快感)にめざめる話。オタというよりも同人誌作りネタが主体。エロネタもあってちょっとドキドキ(爆)。ジャスティスはロリ少女に好かれて人生の勝ち組。

*妄想少女オタク系 1,2巻
 腐女子に恋するパンピー男の子の話。腐女子オタネタは私でも分かるくらい薄いので問題無し。趣味がオタク系以外は普通に恋愛していて、極めて一般に近い作品だと思いました。

*ラブやん 7巻
 気の力で若作りできる方法をぜひ教えて頂きたいものです。

*こどものじかん 3巻
 これTVアニメ化するんですか。もっと無難なちとせげっちゅやひまわり幼稚園物語あいこでしょ辺りをアニメ化した方が良いのではないかと私は思います。微妙にリアルで微妙にファンタジーなのが危うさをかもし出していると思います。

*辣韮の皮 5巻
 相変わらず濃いオタネタをちりばめてきます。一番受けたのは「例の路線変更」でジャスティス引きこもり。せっかく2月病にならなかったのにね。同感という意味でバカ受けでした。本の帯は普通捨てないと思ってましたが、一般人は捨てるのですか?カルチャーショック。「妹ドリーム」、まさにドリーム。ツンデレ妹メイドはありえそうに思ってしまったが。

*はやてブレード 6巻
 メイド祭り。でも、私はメイドにほとんど興味ないんですよね。はやてがアヒルの格好しているのを見ていると、プリンセスチュチュを思い出します。神門玲FC、あまりにへたれで拍子抜け。槙&ゆかりは勝てるだろうか?というところで引き。良い所で引きますね~。

*大きく振りかぶって 7巻
 まだ試合が終わりません。流石に次の巻で終わるようですが。相変わらず心理描写や盛り上げる展開は上手いです。個人的に、三橋が頑張っているだけでうれしいです。

*あいこら 6巻
 A-BOY(akihabara boy)という単語がいつの間にかできていたんですね。しかも、イコールロリコンと認識されているようで。ロリコンは一部なのに偏見ですね。私自身はロリなので反論はできませんが(爆)。色々アニメ化される漫画があるようですが、この作品もアニメ化して欲しいですね。鳳の声は水樹奈々で。

*ハヤテのごとく 10巻
 本当に女神様はアニメに出てこないのでしょうか。もしかしたら予告に出てくるかも。いや、DVDのおまけ映像かも。ひなぎくさんの好感度UP~な巻でした。

*カンブリア宮殿(2/26放映)
 ゲストはさいとうたかを氏。ゴルゴは多少読んだことがあるくらいで氏のことはほとんど知りませんでしたが、70歳なのに凄い元気ですね。分業というのは話には聞いてましたが、ここまで徹底していたとは知りませんでした。なんというか、天才を超える天然というものをまざまざと見せつけられた感じです。

*武装錬金
 ツンツン釘宮キャラ登場。声が声だけに後でデレ化するんでしょうか。

|

« アニメ感想 | トップページ | マリー・アントワネット(映画)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170660/14135500

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画の感想等:

« アニメ感想 | トップページ | マリー・アントワネット(映画)感想 »