« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

電撃文庫ムービーフェスティバル

 日曜に仕事が無いのは8日以来で、久しぶりにゆっくりできた週末でした(土曜は午後にちょっと仕事でしたが)。世間ではGWですが、私は月曜から水曜までは仕事です。木曜から日曜は休みなので九州に旅行に行きます。
 結構切ったおかげで、アニメ視聴は追いつきました(BSアニメ以外は)。更に、電撃文庫映画も観ました。オープニングアニメは、確かに前田愛さんのおっしゃるように、キノだけ他と絡まずに独自の道を行っていました。
http://blog.livedoor.jp/ld_anime02/archives/50945201.html

*灼眼のシャナ(映画)
 フリアグネ編のダイジェスト。後半はTVと違う展開で、フリアグネとマリアンヌの愛が深く描かれていました。マリアンヌ最高~。平井ゆかりが消えるシーンは再度見ても切ないです。この作品屈指の名シーンでしょう。

*キノの旅(映画)
 TVアニメの続編の1話という感じ。ストーリーはまあまあ良かったと思います。

*いぬかみっ(映画)
 最初の方で女の子たちが不自然に下着姿になるから、露骨なサービスシーンだな~と思ったら、最後まで見て理解しました。これはみそぎでした。あとはTV以上に変態のオンパレード。スクリーン狭しとぞうさんが大暴れ^_^;。楽しくわははと笑える作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

雑記

 藍蘭島,ポリフォニカ,桃華月憚は切りました。現在視聴TVアニメを更新しました。

 彩雲国物語第一期は2月で終わったんですね。キスでハッピーエンドかと思ったらおあずけとは。雰囲気に流されたほうが幸せになれるだろうに、生き方が不器用ですね、秀麗は。でも、そこが魅力なんですけど。というわけで、ちょっとすっとばして「精霊の守り人」を1話だけ観ました。良いという噂を聞いてましたが、導入としては地味すぎてイマイチです。女主人公はカッコ良くていい感じですが、それを引き立てる脇がいない。お話も取り立てて面白いわけでは無かったです。まっ、十二国記も最初は全くつまらなかったですが、楽俊登場辺りから面白くなってきたので、もう少々様子を見ますけど。SAMURAI7は1話から惹き込まれましたからね^_^)。あと、私が巡回している http://blog.livedoor.jp/shibachi1/ で不評なので2話以降の視聴意欲はかなり落ちています。

 新番組を一通り観ましたが、鬼太郎が一番のお気に入りです。あとは、ぼくらの,らき☆すた,ハヤテのごとく,エル・カサド,クレイモアも好きです。この辺りが今後感想で取り上げることが多いでしょう。

 グレンラガンは、私は見てませんがネット上で作画問題で話題沸騰してますね。個人的には、シリーズ通してならともかく1話だけアニメーターの個性が強すぎるのは好きではないです。まあ、実際に見ていないので小林さんが今回どの程度自分を出したのか知らないので、この件に対しては具体的なコメントはしませんが。この件で赤井取締役が辞任しましたが、素早く謝ってけじめをつけたのは高評価ですね。昨今、謝罪とけじめの時機を逸して会社を傾ける事例が多いので。

*らき☆すた(3話)
 EDがふもっふとは。今後の予想が全くつきません

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月23日 (月)

新番アニメ感想 続

 土日と出勤したので、どんどんアニメが溜まっています。映画も観に行けない、「時をかける少女」や「エコール」のDVDも観れない、宅急便も受け取れない・・・。新番組、録画してまだ見てないのは「精霊の守り人」のみ。「ユート」「彩雲国物語1期」の最終回をまだ見てないからそれからなので、今月中は無理かも^_^;。

*べつやくメソッド
 http://portal.nifty.com/2007/03/17/a/
 面白そう。でも、自分で試しに作ってみる暇が今無い・・・。とりあえずソフトだけはDLしましたが。 http://uwa.potetihouse.com/soft/bmcreator.html

*ぼくらの
 バトルロワイヤルに通じる鬱さ。リアルで観れる時間帯ですし、継続。

*英国戀物語エマ ~第二幕~
 前作は途中で切り。1話を見たけどやっぱり惹かれる点は無し。切り。

*スカルマン(実写)
 響さんだ~。内容はよく分からん。
 石森作品に思い入れが無い私は、アニメは多分切りです。

*鬼太郎(4話)
 綾ちゃん(C.V.雪野五月)登場。妖怪に怯えたり取り押さえられたりする美幼女はなんかエロい^_^)。一反もめんはどうやってコインランドリーのお金を払ったんでしょう。

*ハヤテのごとく(4話)
 ヒナギク(C.V.伊藤静)登場。いきなり木の上から登場。流石人気投票1位、この作品最萌キャラです。落ちて主人公とぶつかるフラグもばっちりです。ナギお嬢様(C.V.釘宮理恵)も萌え破壊力は高いですが、ツンデレ度では生徒会長の方が上手だと思います。ちなみに、11巻のしおりはナギお嬢様でした。

*新番現状はこんな感じ
・継続
鬼太郎5期
ハヤテのごとく
エル・カサド
クレイモア
ながされて藍蘭島
一騎当千 ~Dragon Destiny~
ひとひら
魔法少女リリカルなのはStrikerS
ラブコン
地球へ…
おおきく振りかぶって
ぼくらの

・とりあえず継続
らき☆すた
神曲奏界ポリフォニカ
ギガンティック・フォーミュラ
風の少女エミリー
風の聖痕

・しばらく様子見
~sola -ソーラー
ヒロイック・エイジ
桃華月譚
怪物皇女
ロミオとジュリエット

・切り
Over Drive
この青空に約束を
瀬戸の花嫁
マイメロすっきり
グレンラガン
パンジャーヌ
ブルードラゴン
爆丸バトルブローラーズ
シャイニング・ティアーズ×ウィンド
キスダム
DARKER THAN BLACK
鋼鉄三国志
英国戀物語エマ ~第二幕~
スカルマン
かみちゃまかりん
アイドルマスター

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月16日 (月)

新番アニメ感想

 Aice5のコンサート(横浜)チケット到着。なんと3階席。まあ、チケット取れただけでラッキーなんですが。これでGWは九州旅行から帰るその足でコンサートへ行くことに。老いた身でなんと無謀なことを^_^;。

風の聖痕
 いきなりパンチラ。この女の子たちメインのぬるいお話になるのかもとげんなりしたけど、そうはならずに風を使う力は強いがトラウマ持ちの少年が主人公のようで。とりあえず家の確執が面白そうなのでしばらく継続。

おおきく振りかぶって
 原作既読。基本的に原作どおりでした。原作大好きなので、アニメの方はどうかと思ってましたが(この作品って登場人物のモノローグが多いのでアニメ映えするのだろうか?と思ってましたので)、1話は面白く見れたので、今後も楽しんで見れそうです。継続。

怪物皇女
 プライドの高い姫様(C.V.川澄綾子)は大好きです。浮世離れしたお姉さん(C.V.皆口裕子)やロリ可愛いフランちゃんといいキャラは最高。でも、作画がチープなのがつらい。慣れれば継続できるか・・・。様子見。

ロミオとジュリエット
 ラセーヌの星のOP曲がぴったりあいそう。ロミオが馬に乗って助けに現れるなんて、拝啓私の王子様ですか。様子見。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年4月15日 (日)

アニメ感想

 土日と仕事&私用で外出するので視聴が全く追いつきません。なので新たな新番組視聴は無し。ケンイチの新EDでたるとのEDを思い出しました。

桃華月譚(2話)
 百合アニメ?謎が多くて相変わらずよく分からないです。雰囲気は好みなのでもうしばらく付き合います。

キスダム(2話)
 異次元人の人類への試練?展開が暗いというかしんどいので切り。

一騎当千 ~Dragon Destiny~(2話)
 OPを見る限りは孫策伯符がメインに見えますが、本編にはまだ登場せず。登場人物の名前が本編に出てきますが、三国志に詳しくない私には正直よく分からないです^_^;。

クレイモア(2話)
 クレイモアの運命話。ここでこの話をするよりも、もう少々旅を続けた後でこの話をしたほうが、ためができて心により訴えると某所で読みましたが、確かにそうですね。今回の話は心打たれましたが、確かに早すぎたかも。でも、最近は出し惜しみすると視聴者が離れてしまうというジレンマがありますからね。難しいところです。

ラブコン(2話)
 友達と恋人は違う。ただ気が合うだけなら友達でしょうが、そこから愛が生まれる瞬間って何なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

新番組感想2他

 ようやく先週のコゼットを見ました。ジャン・ヴァルジャンがテナルディエ夫妻をやり込めるシーンは爽快でした。

~sola -ソーラー 
 電波少女と空フェチ青年の物語。何故か電波少女が襲われている。見たときはぜんぜん気がついてませんでしたが、某感想サイト( http://laplacers.hp.infoseek.co.jp/ )を読んだら、電波少女はパキラと同類のようです。切るつもりでしたが、しばらく様子見に。

らき☆すた
 女子高生のぐたぐた会話がメイン。まったりしていて、普通なら「ひだまりスケッチ」の時のように切るのですが、おたく少女こなた(C.V.平野綾)の言動に共感しつつ楽しく見れてしまいました。更に、EDが秀逸。これは毎週チェックの要有りか。とりあえず継続。

Over Drive
 主人公がアイシールド21の瀬那以上に情けなくて、更に言動がいっちゃってます。主人公が痛すぎて正視できませんでした。自転車が光るのも主人公の妄想の一種だと思います。実は全てが妄想かも。切り。

この青空に約束を(2話)
 こおろぎさとみ声で「わたる」と言ってるのを聞いて、『同級生』を思い出しました。懐かしい~。美沙も陸上部のエースで足が速かったですけど、これって偶然?ころみさんキャラメインは今週までのようなので、これにて視聴終了。

瀬戸の花嫁(2話)
 ノリとテンポが速すぎて老いた身にはつらいです。切ります。

DEATH NOTE(26話)
 Lは本当に死んだのか。なんかあっけなさ過ぎてちょっと拍子抜け。映画とは違う展開なのですね。Lがいないと視聴意欲減退ですが、新たな敵に期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

新番組感想

 まだ全部見きれてませんが、見た分だけ一言。

鬼太郎5期
 噂には聞いてましたが、思っていた以上に猫娘に萌えました。継続。

マイメロすっきり
 15分になってもノリはそのまま。展開が速くてテンポ良し。時間があれば見るけど継続視聴はせず。

ハヤテのごとく
 原作既読。アニメは更にアニメパロネタが増えています。継続。

ヒロイック・エイジ
 設定は壮大そうなSF。しばらく様子見。

グレンラガン
 プリキュアの裏なので見ずに切り。

瀬戸の花嫁
 人魚は任侠。アホな発想らしいノリ良い作品。しばらく様子見。

エル・カサド
 NOIR,MADLAXに続く三部作。前2作を見たので当然継続。

パンジャーヌ
 人妻には萌えない。せめて子供が変身すれば見たんですが。切り。

クレイモア
 吸血鬼が妖魔になった女性版バンパイアハンターD。継続。

キスダム
 よく分からん。暗い。蟲に襲われているのは多分腐海で蟲を殺したからでしょう。もう1,2話様子見。

神曲奏界ポリフォニカ
 鳴り響け僕の・・・。契約精霊コーティカルテのツンデレが良い。とりあえず継続。

ながされて藍蘭島
 ラブシンクロイド。藍蘭島が女性だけなのに理由があり、それを主人公が解決しそう。基本ストーリーとは関係なくHシーンは多いでしょう。ほっちゃん主人公だし継続。

ギガンティック・フォーミュラ
 Gガン。でも、展開は泥沼。とりあえず継続。

爆丸バトルブローラーズ
 ポケモン亜流。切り。

一騎当千 ~Dragon Destiny~
 孫策伯符は出てこないのかしら。今回は劉備玄徳がメイン?前作を一応全部見たので継続。

鋼鉄三国志
 一騎当千よりはまともな三国志。とりあえず継続。

ひとひら
 演劇を通した少女の成長物語?継続。

魔法少女リリカルなのはStrikerS
 いきなりなんか感動させられた。前作視聴しているので継続。

陸上防衛隊まおちゃん
 新番では無いけど、O・Eが変更、ほっちゃんじゃないと聞いて、今更誰に変更と思って見てみたら、Aice5で納得。

シャイニング・ティアーズ×ウィンド
 最初は、人が消えるという話から学園ホラー?と思ったが、実は消えた先が異世界。つまり、ヒロイックファンタジー。保志・ほっちゃん・石田・水樹等キャストは良いし、導入も悪くなかった。が、個人的に好みのジャンルで無いので切り。

この青空に約束を
 来年閉鎖される予定の寮を舞台にした学園もの。特に惹かれる点が無いから切ろうと思ったが、1,2話のメインヒロインの声がころみさんと分かり、しばらく継続することに。

アイドルマスター
 アイドル&ロボット。前向き主人公が良い感じ。謎が多いのが気にかかるがとりあえず継続。

かみちゃまかりん
 敵にやられていきなり過去話へ。母の形見の指輪で、中学生?で神様。とりあえず継続。

DARKER THAN BLACK
 契約者という化物じみた能力者が出てくる諜報もの。好みのジャンルではないけど悪くは無いのでもう少々様子見。

ブルードラゴン
 異世界が舞台のファンタジー。礼儀を知らない餓鬼は嫌いなのでAパートで切り。

ラブコン
 身長にコンプレックスを持つ男女の恋話。意外とかなり面白かった。継続。

地球へ…
 2クールらしい。原作は高校で読んだきり。1話を見て懐かしかったです。結構忘れてました。継続。

桃華月譚
 意味不明。伝奇的旧家もの?学園もの?もう少し様子見。

風の少女エミリー
 まさに世界名作劇場。堀江美都子がOPを歌っていますし。エミリーは川上とも子ですが。ストーリー展開は良好ですが、デジタル配色が目につらいです。この点は時代の流れと思って諦めるしかないのかも。とりあえず継続。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »