« アニメ新番感想 | トップページ | アニメ感想(4/24-25) »

2010年4月25日 (日)

アニメ感想(4/18-23)

 迷い猫オーバーラン!は、アニマックスでの視聴なのでようやく1話を視聴しましたが、導入としては普通でした。猫の詳細は次話なのでしょうが、周りがどんなキャラかを分かりやすく紹介出来た話だと思います。高飛車つるぺたロリお嬢様という超萌えキャラがいるので、彼女が出続ければよほどのことがない限り見続けるでしょう。各話監督制がどうなるかは今後を見守ります。

 四畳半神話大系は、京都の大学生活が舞台のようで。学生時代を彷彿とさせられて、身につまされてなんかイタいです^_^;。とりあえず面白そうではあります。

 夢色パティシエール:姉妹愛最高。でも、なつめの挫折感といちごの挫折感は根本は違いますけどね。なつめは、今まで努力して頑張ってきたのに天才と出会って感じた挫折感ですが、いちごは憧れだけで入った世界の厳しさを知った挫折感ですから。なつめの気持ちは、鮎川ようこのいちごへの気持ちに近いですね。なつめは良い娘ですから相手を嫌ったりはしないでしょうけど。
 ハートキャッチプリキュア!:どちらかというと、兄の心の花の方が枯れていたような。
 リルぷりっ:レイラのゆるっぷりがありえない。でもそこが可愛い。
 鋼の錬金術師FA:マスタングの切れっぷりが凄い。
 B型H系:事故で胸に触るのはBじゃない気がするけど、それで身体が開発されたとしたら別にそれでも良いか。
 一騎当千XX:第四シリーズにてようやく桃園の誓い。元々孫策が主人公だからね。
 二舎六房の七人:火事だというのに緊迫感が薄い。今更ですがリアルな話をアニメでやるのは難しいよね。
 けいおん:バンドアニメらしい話だった。本シリーズは、ムギの可愛さが目立っている。
 さらい屋 五葉:マサのいじられっぷりが気持ち良い。マサは、変に硬く考えずに素直に自然に生きればいいのにね。
 おおきく振りかぶって:花井はプレッシャーに弱い?単に実力が中途半端?
 会長はメイド様:やはり男の娘は世間の流行です。でも私は毒舌少年は嫌いです。
 Angel Beats!:流石にフライキャッチで成仏は安直でしょうが、まさか試合中にあんな横槍が入るとは。とりあえず、3話で分かりかけた世界観がまた良く分からなくなりました。

|

« アニメ新番感想 | トップページ | アニメ感想(4/24-25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170660/48176962

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想(4/18-23):

« アニメ新番感想 | トップページ | アニメ感想(4/24-25) »