« 雑記 | トップページ | 黒猫の主張 »

2011年4月16日 (土)

2011春アニメ感想~その2

30歳の保健体育の実写パートがいきなり打ち切りのようで。確かに不快でつまらなかったですが、無いとなると見たくなるのも心情。ソフト未収録のよっきゅんコーナーのように。
変ゼミが何かツボ。アニメなので描写自体は抑え目のようですが、俗物図鑑以上の変態描写を期待。
電波女と青春男やカイジEDや変ゼミを見ると、ホント天は2物を与えないな~と実感できる。

とっとこハム太郎 でちゅ:新作じゃなくて実質再放映でちゅ。

ジュエルペット サンシャイン:路線変更、完全にギャグ。そこそこ面白い。ネットで金魚注意報を思い出すと見て、なるほどと思った。

プリティーリズム オーロラドリーム:フィギュアアニメではなくてアイドルアニメ。実写パートは微妙。夢色パティシエールみたいな感じで話は進むかな。

アスタロッテのおもちゃ! :くぎゅしか惹かれる点が無い。

世界一初恋:アバンで切ろうかなと思ったが、一応OPチェックしようと思ったので見続けたら、学生時代の話ではなくて社会人の話なのね。少女マンガは学生時代に多少読んでいたので興味ある題材。あまりBLがきつくなければ継続。

星空へ架かる橋:今のところ、弟が一番可愛い。

神のみぞ知るセカイII:続編なので安心して視聴。ハクアの登場が待たれる。

聖痕のクェイサーII:相変わらずの地上波規制。ディレクターズカット版待ち。

ユルアニ?:低予算アニメの詰め合わせ。切り。

THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL:スタンド系バトルアニメか。金をテーマにしている点が興味深い。様子見。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:青春群像系か。めんまは可愛いね。様子見。

緋弾のアリア :今のところ、くぎゅしか惹かれる点が無い。

電波女と青春男:野中藍声の39歳の女々が超可愛かった。彼女の出番が多ければ今後も見続けるだろう。

|

« 雑記 | トップページ | 黒猫の主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170660/51407508

この記事へのトラックバック一覧です: 2011春アニメ感想~その2:

« 雑記 | トップページ | 黒猫の主張 »