« 黒猫の主張 | トップページ | 2011夏新番感想等 »

2011年5月 6日 (金)

2011春アニメ感想まとめ

視聴アニメが大体固まりました。観てるアニメの感想を少々。

STEINS;GATE:厨ニ病と現実の接点が興味深い。
GOSICK:三角関係が興味深い。
変ゼミ:水越の変態プレーが最高。

Dororonえん魔くん:懐かしさとお色気が最高。3話EDのカオスっぷりは神。
聖痕のクェイサーII:ネットのディレクターズカット版で視聴。でないとこの作品の真の面白さは感じられない。おっぱい一点突破。戦闘では元素利用しているが、相変わらず見た目で分かりにくい。
花咲くいろは:3話で路線変更と思ったけど、基本的には朝ドラ路線。初期ほどしんどい話にならなくなって安心して見ていけそう。

世界一初恋:少女マンガ編集者の話として面白く観てます。主人公を女にしたら、レディース漫画でもおかしくない内容と思うけど、男同士の方が女子には受けるのだろうか。
戦国乙女 ~桃色パラドックス~:アニメでは戦国タイムスリップものになった。
30歳の保健体育:伏字が多すぎて意味不明。恋愛スキルの無い男女が神の力で結ばれる?同じく恋愛スキルの無い私は共感して見ている。

逆境無頼カイジ:逆境から戦略を立てて一発逆転を狙う様が面白い。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない:青春を感じさせる。
TIGER & BUNNY:おやじ向けヒーロー。おやじになると場の空気が読めずに説教臭くなる。

よんでますよ、アザゼルさん。:力はあるがバカな悪魔たちが、芥辺に翻弄される様が面白い。
ジュエルペット サンシャイン:可愛いキャラで不条理ギャグ。でも、マイメロほどには毒は無い。
[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL:文字通りマネーゲーム。戦闘がイマイチ分からない。

神のみぞ知るセカイII:アニメだと何でエルシィが可愛く見えるのだろう。
ファイアボール チャーミング:前作の雰囲気通りで安心して視聴。
殿といっしょ ~眼帯の野望~:信之の妻って鬼だったんだ。

プリティリズム・オーロラドリーム:ショーのシーンがチープに見えるのが難点。
べるぜバブ:EDだけに出てくる娘は何時登場するのだろうか。
昭和物語:懐かしい雰囲気だけど、舞台は私の生まれる5年前。

DOG DAYS:姫様の歌が聞けた。もう何も思い残すことなくいつでも切れる。
銀魂':'は読まないけど大人の事情で必要とのこと。
アスタロッテのおもちゃ:家族の絆を丁寧に描いて、アスタロッテの成長物語になりそうな雰囲気になってきた。私的に声優が豪華なので、話も面白くなるならDVD買うかも。

|

« 黒猫の主張 | トップページ | 2011夏新番感想等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170660/51599066

この記事へのトラックバック一覧です: 2011春アニメ感想まとめ:

» 派手子ちゃんとの出会い [草食男子だって出会いを求めている]
ここからはお待ちかね!やっと恋愛スキルの項目に入れますね! [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 03:26

« 黒猫の主張 | トップページ | 2011夏新番感想等 »